« 鉄鋼株 | トップページ | FXについて その4 »

2006/11/29

FXについて その3

こぎぱおは、FXをするのにマネックス証券を使っています。
いまのところおすすめです。
でももっと他にすばらしい条件の証券会社があるかも
しれないので、いろいろ調べてみました。
過去記事↓
FXについて その1
FXについて その2

比較サイトなどみたりして、調べていくと・・・
現在FXができる会社は、400社以上あるようです。
ひえ~。
こぎぱおが開いている証券会社でもFXの扱いがあります。

コスモ証券

E*トレード証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券

その中ではコスモ証券だけクリック365です(*´∀`)ノ
クリック365とは簡単に言うと、外国為替証拠金取引を
公設の取引所で行う取引の愛称です。
クリック365は東京金融先物取引所が運営を行っていて、
2005年7月1日より上場を開始しました。
業者との相対取引と異なり、取引所が一元化して取引の管理を
するため、公平性が高いといわれています。
また参加できる業者は金融先物取引法とそれより厳しい取引所の
基準を満たした業者が参加しています。
税制上のメリットがあり、申告分離課税で一律20%、
損失を3年間繰り越すことが可能だったりします。
また複数の金融機関が提示する売買価格のうち、最も投資家に
有利な売買価格での取引が可能だったり、スワップポイントに
ついても、マーケットの実勢に応じた一本値の金額となるため、
一般的な外国為替証拠金取引(非取引所)業者よりも、
有利な金額で取引することができるそうです。
また安全面では投資家の証拠金は全額取引所に完全預託され、
その上で分別管理されるため、万一取引業者が破綻しても
取引所に預託された証拠金は全額返却されるそうです。

なんだかすばらしい!!

デメリットは、取り扱っている通貨ペアが7ペアと少なくて
両貨建てができないそうです。

でもマネックスは8通貨ですからそんなに問題はないですね。
スプレッドもマネックスが4銭なのに対し、
コスモはクリック365共通で3銭、手数料は1万で365円
(2006年12月29日まで「くりっく365で150円キャンペーン」)
スワップポイントはほぼ一緒ですネ。

クリック365では分離課税で税率20%ということなので
まず総合課税で、20%以上税金が取られている人に有利です。
あとはがっぽり為替で利益を出せると美味しい優遇になりますね。

ちなみにこぎぱおのように薄給で、総合課税10%の人の場合は、
給与以外の雑所得20万円以内なら控除がありますから、
それを超えないと非課税と言う話にできます(笑)
なので、クリック365にしないほうがよかったりもします。

ちなみにクリック365に加入している会社さんは
コスモ証券の他は

三貴商事【INV@ST】 手数料300円
ウツミ屋証券 手数料365円
エース交易株式会社 手数料420円
スターアセット証券 手数料210円
東京コムウェルFX株式会社手数料420円
ハーベストフューチャーズ 手数料525円
ばんせい証券 手数料420円
豊商事株式会社 手数料420円
リテラ・クレア証券手数料 315円

です。この中で違いは多少片道の手数料が
違くて、あとは・・・知名度くらいでしょうか・・・
現在口座開設とかキャンペーンで手数料が
ぐいっと安くなっていたりするところもあります。

ちなみにこぎぱおがコスモ証券を開いていたのは
定額制があって株で使おうかな~と思っていた
からです。

でももっといい会社を見つけました!!ふふふ

つづく


ランキングに参加しています。
1日1回、気が向いたらぽちっとお願いします♪

|

« 鉄鋼株 | トップページ | FXについて その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80694/12827523

この記事へのトラックバック一覧です: FXについて その3:

« 鉄鋼株 | トップページ | FXについて その4 »