« アルデプロ | トップページ | FXについて その2 »

2006/11/25

FXについて その1

昨日ロイター・ジャパン主催の「外国為替セミナー」
に行きました。
ちょうどFXを始めた、もしくは始めたいという方が
ちらほらいらっしゃるので、ちょうどいいかもしれませんね。
FXについて今回は少し詳しく書こうと思います!

まずセミナーの感想ですが、
一部は、ブックフィールドキャピタル株式会社取締役副社長
田中泰輔さんで、『2007年の為替相場の焦点と展望』の講演
ニ部は、株式USSフォレックスの畠山一教さんの為替トレードの
チェックポイントでした、
ニ部の畠山さんのお話は、わりと自社ツールに関することが
中心だったので、
田中さんの講演についてちょっと書いてみたいと思います。
簡単に要約すると

2007年はいままでで1番難しい年になるだろう

米景気の落としどころ、見極めがむずかしいので
為替も当然予測しずらい。

田中さんは、米景気は軟着陸でそんなに悪化はないだろう
と予測しているようです。

いままで為替に関する勉強はあんまりしてこなかった
こぎぱおなので、結構今回のセミナーは勉強にはなりました。

ファンダメンタルズ的な要因、景気のサイクル、金利格差
イールド・カーブ、政治的な誘導の効果など・・・

で、結局のところ1番知りたいのは

じゃあ具体的にどうやって為替で儲けたらいいのか?!
と言う話ですが・・・・・・・

講演は、2007年の為替相場についての焦点と展望

ですから、具体的な為替の動きについては

あまり言及していません。

まあけっきょく、どうしたらいいかは・・・やはり
自分で考えないといけませんね(笑)
そうするべきだとも思いますし。

田中さんは、1~3ヶ月くらいのスパンでは
投機マネーによる影響が大で、ファンダの影響を受けない
日計りの人たちなどの思惑中心に変動すると言っています。

田中さんたちは独自のシステムを組んで、短期スジの人たちの
心理的思惑は常に分析しているとおっしゃってました。

結局のところ、ていうか前から思っていたことですが
プロでも勝つのが難しい為替相場ですから、個人が予測など、
こぎぱおは難しいと考えています(笑)

ファンダメンタルズをいくら勉強してもそれが必ずしも
自分の思うとおりに反応するとは限らないわけですし、
情報をマーケットがどう取るかは、まったくわからないし、
結局は動いたあとに都合の良い材料を利用して解説する
というだけです。

じゃあどうしよう・・・

ですが、ちょっと文章が長くなってきたので

つづきはその2で(笑)


ランキングに参加しています。
1日1回、気が向いたらぽちっとお願いします♪

|

« アルデプロ | トップページ | FXについて その2 »

コメント

トラックバックありがとうございました。
僕は為替の動きの予測はできないと割り切っております…(^^ゞ

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2006/11/26 20:57

水瀬さん、こんばんは。

>僕は為替の動きの予測はできないと
>割り切っております…(^^ゞ
確かに。
藤巻さんも読めないといってますからね☆
それを考えるとやっぱり勉強する気になれないんですよね(笑)

投稿: こぎぱお | 2006/11/27 00:25

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株の投資の初心者 | 2011/10/31 21:14

株の投資の初心者さん

はじめまして、こぎぱおです。
この地味なブログにようこそです。
いろいろやって、結局思いっきり飛ばしつつw
な感じですが、気が向いたらまた
遊びに来てくださいな!

投稿: こぎぱお | 2011/10/31 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80694/12821663

この記事へのトラックバック一覧です: FXについて その1:

» 買った株本?「浜島昭平の 株「短期トレード」テクニック」 [日よ史文あ記 〜株闘編〜]
浜島昭平の 株「短期トレード」テクニック 今年はバリュー投資を実践してみたところ、大きな含み損を抱えてしまった。 やはり短期投資(デイトレード & スイングトレード)。 無論これとて、必勝法のようなものではないし、 「場を見る目」などといっても、一朝一夕に身につくものでもない。 「儲けるため」の試行錯誤が詰め込まれた本書は、 経験を(部分的であったにしても)安価に買える点、 独自の投資スタイルを築く上での示唆に満ちている点で 得がたい参考書であると思う。 【完読感謝です... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 13:30

« アルデプロ | トップページ | FXについて その2 »